育毛剤の使い方とタイミング

薄毛だと、どうしても育毛剤を多めにつけたくなります。

 

ですが、適量を超えて使用しても、毛穴が詰まったり逆効果を産む場合もあるので控えましょう。

 

また、朝と夜に使用する人が多いですが、朝は効果が薄いので夜だけでも良いでしょう。

 

髪が作られるのは夜なので、夜にお風呂から洗髪、最後に育毛剤というのが正しい流れです。

 

洗髪前にお風呂につかるのも重要です。

 

それにより毛穴が広がり、その後の洗髪や育毛剤の効果が上がります。

 

洗髪の際は、すぐにシャンプーを付けるのは良くありません。

 

面倒に感じるかもしれませんが、少なくとも1分ほどシャワーで流してからにしましょう。

 

洗い方はマッサージをする様に洗い、最後のすすぎも1分以上かけてしっかり落とし切ります。

 

シャンプーが頭皮に残るのは非常に悪い状態で、育毛剤以前の話です。

 

最後に育毛剤ですが、ここでも注意が必要です。

 

自然乾燥で済ませる人が本当に多いのですが、これはNGです。

 

水、汗そして育毛剤、いづれについても云えることなのですが、頭皮を濡れた状態のまま放置してはいけません。

 

確実に雑菌を呼び寄せてしまうで、頭皮と髪に悪影響を及ぼします。

 

育毛剤をつけていて、頭皮にニキビや吹き出物が出ている人は、この事が原因の場合が多いです。

 

育毛剤をつけた後は、必ずドライヤーでしっかり乾かしましょう。

 

育毛剤の適切な使用時期について

 

頭の髪の毛のボリュームが無くなってきた場合、薄毛の心配をする人が多いでしょう。

 

特に男性が薄毛になると女性やまわりの人の印象が悪くなってしまいます。

 

そのため悪いイメージを持たれないよう、すぐに薄毛対策しようと考えるのではないでしょうか。

 

薄毛対策の方法と言えば育毛剤を使用することがあげられるでしょう。

 

薄毛対策と同時に育毛剤を使用しようと思う人も少なくありません。

 

しかし思い立ったらすぐに育毛剤を使用するのはあまり好ましいとはいえません。

 

育毛剤には適切な使用時期があるからです。

 

それ以外の時期に使用してしまうと効果が得られなかったり、逆効果になったりしてしまいます。

 

そのため適した使用時期に育毛剤を使用するといいでしょう。

 

そこで育毛剤の適切な使用時期とは具体的にいつなのかというと髪の毛が細くなってきた場合です。

 

髪の毛がこのような状態になる原因に、栄養不足があげられます。

 

頭皮の血行が悪くなってしまうと髪の毛にしっかり栄養が行き届かなくなるのです。

 

結果、髪の毛が栄養失調の状態となり弱々しい髪の毛が生えてきてしまうことになります。

 

このような場合はすぐ頭皮の血行を良くできる育毛剤を使用して改善をはからなければなりません。